男性ホルモン低下のメカニズム

人は歳を取るにつれて、確実に身体の老化が進行していきます。その老化現象の一つが、「更年期障害」です。更年期障害は40歳を過ぎた女性に起こるものとして知られていますが、実は男性にも同様の障害が起こることが分かっています。

 

男性の更年期障害の原因は、男性ホルモンの一種「テストステロン」の分泌量が減少することです。加齢やストレスなどが原因でホルモンの分泌量が減少し、身体に様々な不調が起こるようになります。

 

そもそも、男性ホルモンの分泌量は20代がピークであり、その後は歳を取っていくにつれて減少していきます。しかし、ストレスが多い40代から50代の世代は、特にホルモンの分泌量が減少しやすくなり、その結果身体に様々な不調をきたすようになるのです。

 

男性ホルモンの分泌量が低下すると、勃起障害や筋肉量の低下、内臓脂肪の増加などが起こるようになり、近年問題視されている「メタボリックシンドローム」にもつながります。

 

40歳を過ぎて更年期障害の症状を感じるようになったら、市販の精力剤を上手く活用するのがおすすめです。精力剤には、男性が本来持っている活力を蘇らせる成分がふんだんに含まれているため、更年期障害に悩む男性に最適です。

 

更年期障害で減少してしまったテストステロンの量が回復すれば、自ずと身体の不調も快方に向かっていくことでしょう。

関連ページ

ED治療薬とは
ED治療薬とはどのようなものでしょうか。ここではED治療や使用される薬についてご紹介していきます。ED治療に興味のある方はご覧ください。
精力剤が妊活をサポート
精力剤が妊活をサポートしてくれるのをご存知でしょうか。男女共に精力剤を服用して妊娠したというケースが多くあります。