精力剤の有効成分について:黒ウコン

滋養強壮素材として注目される黒ウコン

 黒ウコンは、東南アジア原産の植物で、滋養強壮材として注目されています。ウコンは日本でもすっかり認知度もあいますが、黒ウコンは色だけでなく、成分の種類や含有量など、ウコンとは少し違う点があります。

 

 別名クラチャイダムとも呼ばれていて、精力剤の材料として有名です。ウコンは二日酔いの予防や肝臓に良いというイメージがありますが、それとともに精力アップの作用が高く、健康で元気な毎日を過ごすのに役立ちます。

 

 一時的な効果で体に負担をかける精力剤より、天然素材でできているため安心して飲める点で、高齢の男性にもおすすめのものです。

 

抗酸化作用のあるアントシアニンが豊富

 精力剤の効果はもちろんのこと、万能薬としての作用を持っていることから、現在注目を集めているクラチャイダムは、抗酸化作用のあるアントシアニンがブルーベリーよりも豊富に含まれています。

 

 抗酸化作用によって、アンチエイジングや疲労回復、またダイエットなどにも期待でき、老若男女問わず利用できる健康食材です。精力アップをするためには、健康であることが基本です。

 

 生活習慣が乱れていたり、疲労やストレスがある場合には、クラチャイダムが入った精力剤を使って、元気を取り戻すことからはじめてみてはいかがでしょうか。

 

 

精力剤の有効成分について:金時しょうが

普通のしょうがの4倍のジンゲロールで男性機能を改善

 中国では漢方として利用されてきた金時しょうがは現在では多くの精力剤に使用される代表的な成分ですが、特に注目すべき点は、一般的なヒネショウガに比べて4倍のジンゲロールが含まれているということです。

 

 ジンゲロールとはしょうがに多く含まれる代表的な成分で、血行を促進するとともに、脂肪燃焼を促進して身体を温める働きがあるので、冷え性の改善に効果的です。

 

 冷え性や血行障害になると男性機能の低下につながるので、金時しょうがが配合された精力剤を利用することで冷え性を改善し、男性機能を回復する効果が期待できるというわけです。

 

ジンゲロールの抗酸化パワーで精力増強!

 活性酸素はストレスや不規則な生活、睡眠不足などが続くと、体内でたくさんつくられます。体内で過剰になった活性酸素は、血液中の脂肪分を酸化させて過酸化脂質をつくって血流を悪化させ、動脈硬化を進行させるので、男性の場合には勃起しにくい体質になってしまいます。

 

 また、活性酸素は体内で過剰になると、健康な細胞を傷つけてしまうので、健康な精子もつくられなくなり、その結果として男性不妊を招きます。

 

 これに対し、金時しょうがに多く含まれているジンゲロールには、活性酸素を取り除く抗酸化パワーがあるので、この成分が配合された精力剤を飲むことで活性酸素を取り除き、男性機能の向上に一役買ってくれるのです。

関連ページ

精力剤は有効成分の含有量をチェック!
精力剤は有効成分の含有量をチェックするようにしましょう。精力剤選びの基本は成分はどのようなものがあるか調べることから始まります。初めはあまり分からないかもしれませんが、だいたい入っている成分の内容が分かるようになってきます。