加齢による身体機能の衰えと精力剤の効果

男女のカップル

 

身体機能の衰えと精力剤

 身体機能の衰えは40代以降に顕著に見られる症状で、原因としては男性ホルモンの分泌が減少することにあります。これを防ぐためには筋肉の量をしっかり確保することが重要なので、日々の筋力トレーニングなどで筋肉を維持することで身体機能の衰えを最小限にすることができます。

 

 精力剤を飲む場合にはアミノ酸を豊富に含んでいるマカやトンカットアリなどが効果的で、これらにはアルギニンが配合されているので、筋肉の回復に役立ちます。また血流を良くする作用もあるので、血管の老化を防ぐことで、スタミナをアップさせることができます。

 

加齢に効果的な精力剤

 加齢に効果的な精力剤としてはアンチエイジングのための成分が配合されているものが良いとされていて、中でもプロポリスやゴマペプチド、ローヤルゼリーなどが人気となっています。

 

 これらはポリフェノールを多く含んでいるので、血流を良くすることで体の細胞を若々しく保つことができます。加齢による体の変化は筋肉だけでなく、顔にもあるので、皮膚を健康に保つことで見た目も年齢より若く保つことができます。

 

 また血管や脳を老化から守るためにDHAやEPAなどを配合している精力剤も中高年の男性に人気となっています。

 

 

EDになってしまう原因

EDになる原因について

 中高年の男性がEDになる原因は男性ホルモンの分泌が減少することに加えて精神的なストレスが重なることで陰茎の周辺の血管に血液が循環しにくい状態になることです。

 

 EDを治療するためにはセックスに対する不安や恐怖心を取り除いて、職場などのストレスを減らすことが重要で、必要に応じて治療薬を処方して改善します。

 

 大切なのはストレスを取り除くことですが、筋肉量が減ることで男性ホルモンの分泌が減少しているので、体を鍛えることが必要です。ストレスを取り除くためには向精神薬や勃起改善薬などが効果的です。

 

精力剤を利用して男性ホルモンを増やす

 男性ホルモンを増やすために効果的な精力剤の成分としては、マカやトンカットアリなどに豊富に含まれているアルギニンがあります。この成分を摂取することで陰茎部分の血流が増加するので勃起状態になりやすくなります。

 

 また成長ホルモンの分泌を促進するので精子をたくさん作り出すことができます。また筋肉の疲れを癒して回復させる作用があるので、筋肉の量を用意に増やすことができるようになります。
 筋肉の量が増えることで男性ホルモンの分泌が増えるので、パートナーとのスキンシップなども正常に行えるようになります。

 

 

不妊治療への使用について

不妊治療に精力剤が効果的なケース

 不妊の原因は夫婦によって様々であるため、どんな夫婦にも精力剤が適しているわけではありません。例えば夫婦の精子や卵子にこれといった問題は無いのに、セックスレスやEDなど主に男性側の肉体的な問題を抱えている場合には大変効果的です。
 中高年層の夫婦はもちろん、近頃は20代や30代でも不妊で悩むケースが増えてきているため、若いからといって楽観視しないで早めの対策を行うことが重要です。
 そうすれば人工授精など特別な治療を行わなくても自然妊娠を望むことが可能になるため、不妊治療に役立てることが出来るでしょう。

 

どんな精力剤を使用すればよいのか

 精力剤といっても種類が豊富なため、どのようなタイプを使用すればよいのか悩むことも多いでしょう。EDなど深刻な状態で悩んでいる人にオススメなのは、クリニックで処方される本格的な治療を受けるのがおすすめです。
 副作用の恐れや、持病がある人は利用できないこともありますが、優れた効果を実感しやすいという魅力があります。本格的なクリニックを受診しなくても、市販の精力剤やサプリメントを利用する方法もあります。
 なんとなく疲れがとれないと感じている人や、勃起力が落ちた気がするような人は、気軽に利用出来るものをりようすると良いでしょう。